最新タイトル

アフリカン・ソルジャー 少女兵士の戦場/HEART OF FIRE

事実に基づいたリアルな描写や現実が描かれているということで、ドキュメンタリータッチとしては伝えたいことが伝わると思いました。しかし、ストーリーにも大きな着色なかったり、特に少女が兵士になるまでが長すぎて、映画としてつまらなく感じる時間が長かった。戦争映画というには戦闘シーンがほぼなく、とても地味です。タイトルからイメージする、ソルジャーっていうほどの戦闘シーンもないです。インパクト感や後味という点ではもう一歩と感じた作品。
監督:ルイジ・ファロルニ
出演:レテキダン・ミカエル、ソロミエ・ミカエル、セーブル・ティラフン、ダニエル・セヨウム、メクデス・ウェゲニ
脚本 ガブリエル・キスター、ルイジ・ファロルニ
原作 セナイト・メハリ
原題 Heart of Fire
制作年 2008年
制作国 ドイツ、オーストリア
時間 92分
修道院で育ったアウェトは、ある日初対面となる姉・フレウェイニの迎えにより父親たちと暮らすことになるが。
【hulu】 【動画】 【ブログランキンク】 【FC2ランキング】 【ビデオパス】 【GEO動画】

【ブログ村】

【hulu】 【動画】 【動画】 【動画】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【GEO】 【U-NEXT】 【dTV】 【動画】 【hulu】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ