最新タイトル

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

ヘレディタリー/Hereditary

アニー・グラハムは夫(スティーヴ)や子供2人(ピーターとシャーリー)と一緒に森の中で暮らしていた。アニーは模型職人として働く傍ら、認知症を患った母親(エレン)の介護に従事していた。認知症を発症してから3年後、エレンは亡くなった。葬式の場で、アニーは「エレンは何かの異常に気が付いていた。私でさえ知らなかった趣味があったようである。」と意味深な言葉を発した。
その夜、アニーはシャーリーと口論になった。シャーリーが「お祖母様はいつも『シャーリーが男の子として生まれていれば良かった』と私に言ってきた」と明かしたためである。その直後、スティーヴの元に「エレンの墓が何者かによって荒らされた」との一報が飛び込んできたが、彼はアニーにそれを伝えようとしなかった。エレンの葬式以降、アニーは超常現象の研究に没頭するようになり、「仕事場に母さんがいる」と言い始めたからである。スティーヴはアニーの精神状態の悪化を恐れたのである。
心の状態を安定させるために、アニーはグループ・カウンセリングを受けることになった。アニーはカウンセリングの場で父親が鬱病に罹患し、それが原因で死に至ったこと、兄が統合失調症を患い「母親が自分の体に他人の魂を入れようとしている」と騒ぎだし、最終的に首つり自殺を図ったこと、エレンも解離性同一性障害を発症していたことを明かした。アニー以外の全員が精神疾患を発症したことが原因で、一家は離散状態に陥ったのだという。
アニーが帰宅すると、ピーターが友人宅で開かれるパーティーに行きたいとせがんできたため、シャーリーを連れて行くことを条件にそれを許可した。ピーターは不服そうであったが、アニーにはどうしてもそうせねばならぬ理由があった。数日前、アニーが炎に包まれたエレンの幻影を見たとき、シャーリーが夢遊病者のように家の周囲を徘徊していたのである。それ以来、アニーはシャーリーにただならぬ気配を感じ取っており、娘に少しでも明るくなったもらうために、ピーターとパーティーに行かせたのである。パーティー会場に到着したピーターは友人たちとマリファナを吸うためにシャーリーから目を離した。シャーリーはナッツ入りのチョコレートを誤って口にしてしまい、アナフィラキシーショックを起こしてしまった。
昏倒したシャーリーを発見したピーターはエピペンを打とうとしたが、手許になかったため、やむなく病院に急行することにした。道中、シャーリーは息苦しさのあまり、窓から顔を出していた。ピーターは道路の真ん中にいた大型動物を避けるためにハンドルを切ったところ、シャーリーの首が切断されてしまった。車のライトに照らし出された妹の生首を見たピーターは震え上がった。何とか帰宅したピーターはそのままベッドに潜り込んだ。翌朝、ピーターは娘の首なし死体を発見したアニーの悲鳴で目を覚ました。
シャーリーの死をきっかけに、一家の混迷はますます深まっていくのだった。
監督:アリ・アスター
出演:トニ・コレット、アレックス・ウルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド、ガブリエル・バーン
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
製作総指揮:ライアン・クレストン、ジョナサン・ガードナー、トニ・コレット、ガブリエル・バーン
脚本:アリ・アスター
原題 Hereditary
製作年 2018年
製作国 アメリカ
時間 127分

【hulu】 【動画】 【ブログランキンク】 【FC2ランキング】 【ビデオパス】 【ブログ村】
【hulu】 【動画】 【動画】 【auvidopass】 【動画ランキング】 【動画】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
PVランキング